とっぷぺーじへ戻る >  結納品とは?

結納品とは?

結納の品数、5品、7品、9品などあります。それそれの地域のしきたりにより異なってきます。お店の人にも相談してどれを選べばいいのか相談しましょう。
結納の品には縁起物です。若い人には聞いたことのない名前です紹介しましょう。
さあ読めるでしょうか


・目録(もくろく):結納品の品目と数、内容が記入してあります
・長熨斗(ながのし):あわびをのして乾燥させたもので長寿を意味しています。
・金包(きんぽう):結納金ですね。女性の場合「御帯料」男性の場合は「御袴料」と記
・寿 恵広(すえひろ):白い扇が2本で一対、「純白無垢」と「末広がり」との両方の意味。
・友志良賀(ともしらが)共に白髪になるまで仲睦ましくと願った白い麻の糸。
・子生婦(こんぶ):子宝を願って昆布。
・寿留女(するめ):お祝いに欠かせないスルメ、日持ちがするので「幾久しく」の意味もあります。
・勝男武士(かつおぶし):男性の強さの象徴、鰹節。
・家内喜多留(やなぎたる):祝い酒のこと


品数や飾りの豪華さにより値段はまちまちです。ピンからキリまであります。
また飾り方も地方のしきたりでいろいろです。昔は床の間に飾ったものですが、今は床の間そのものもない家もありますのでそのところは臨機応変に、品数も飾りの大きさも変えていきましょう。


結納品

結納の準備


さあ結婚!何から始める?
結婚のスケジュール
大切な両親への挨拶
結納の準備
結婚のお話
リンク集
運営者情報